title
title

大谷焼
陶芸家 10代目 田村栄一郎

 鳴門市の一角静かな山間に、今尚伝統の炎を燃し続ける「大谷焼」は、今を去る二百五十年前天明元年、阿波藩主蜂須賀治明公によって藩窯が築かれ、大谷で始めて染付磁器が焼かれた。

 文右衛門と云う九州生れの焼物職人は当時家族五人連れで、大谷村に移りこの藩窯の創始に尽力したが天明四年この地で歿した。

 その後、陶工忠蔵が民陶として瓶焼の技術を納田平次兵衛に伝えたのが大谷焼の起こりであります。

 納田窯は、初代平次兵衛以降六代に渡って、大谷焼窯元として陶業を続けて参りました。

 六代目・長太郎から田村基蔵が、納田窯を継承元山窯として改窯、八代目・政雄、九代目・功、十代目・栄一郎と引き継がれ、現在に到っております。

 幕末時代の登り窯(国指定有形文化財)が現存している唯一のものとして広く知られております。この古い伝統を生かし、土という素材のもつ無限の自由な創造性、神聖な炎との出会いに依る斬新な感覚の物を造るべく日々努力しております。

 これも一重に陶器を愛して下さる皆様のお蔭と深く感謝し、一層の精進を覚悟しております。

 何卒今後共、御指導御鞭撻の程お願い申し上げます。



 阿波陶工 栄一郎

納田窯  初代 平次兵衛
 二代 長之助
 三代 利喜左衛門
 四代 丈五郎
 五代 重太郎
 六代 長太郎
元山窯  七代 基蔵
 八代 政雄
 九代 功
 十代 栄一郎




陶歴

田村 栄一郎
[陶歴]
  • 1979年 徳島県鳴門市大麻町大谷に生まれる
  • 2002年 大阪芸術大学 芸術学部卒業
  • 2003年 京都府立陶工高等技術専門校卒業
  • 2016年 大谷焼 伝統工芸士 任命
  • 日展 参与 山崎 昭氏師事
  • 帰郷後 大谷焼 元山窯10代目となる
  • 日展 入選 2004年~2009年 6回(国立新美術館)
  • 日本新工芸展 日本新工芸賞(国立新美術館)
  • 日本新工芸奨励賞(国立新美術館)
  • 徳島県美術展
     特選一席 特別賞 徳島県議会議長賞 2回
     特選一席 特別賞 四国放送社長賞
     第70回記念 特選一席 徳島市長賞
     準特選二回(県郷土文化会館)
  • 長三賞 常滑陶芸展 入選(愛知県立美術館)
  • 田部美術館大賞 茶の湯の造形展 入選(松坂屋 上野店)
  • 有田国際陶磁展 入選(佐賀県県立九州陶磁文化館)
  • 国民文化祭 美術工芸部門 国民文化祭実行委員会会長賞
  • 第6回そば猪口アート公募展 入選(安曇野高橋節郎記念美術館)
  • 近畿中国四国伝統産業品展 特別企画展 徳島県知事賞
  • 放美展 第一席2回、優秀賞1回(県郷土文化会館)
  • テーブルウェアフェスティバル入賞(東京ドーム)
  • 他、日本新工芸展、金沢わんONE大賞、全国伝統的工芸品展入選
       日本新工芸家連盟 正会員、徳島県立鳴門高校非常勤講師
       徳島県美術家協会工芸部委員
  • アニメ
     「Fate/stay night[Unlimited Blade Works]×「大谷焼(徳島県)」
     コラボ作品 制作
     アイドルマスター シンデレラガールズ「大谷焼 for 346 PRODUCTION」
     コラボ作品 制作
 
[個展 グループ展]
  • 香港そごう
  • 大丸心斎橋美術画廊
  • 徳島そごう美術画廊
  • 高松三越美術画廊
  • 日本橋三越
  • 東京ドーム
  • 札幌芸術の森
  • 高松モリシゲ
  • ギャラリーM&M
  • ギャラリーとまや
  • あわぎんホール
  • 茨城010ギャラリー
  • aoyamaスクエア
[Media]
日本テレビ 「NEWS ZERO」zero human
関西テレビ 「スーパーニュースアンカー」
NHK総合 「おはよう日本」、阿波スペシャル「しあわせ、みつけた」
「おはよう四国」、「とく6徳島」、「とくしまⅠ」
NHK BS プレミアム 「イッピン」
JRT四国放送 「フォーカス徳島」、「ゴジカル」
テレビ東京 「昼めし旅」




大谷焼 元山窯 田村陶芸展示館
TEL 088-689-4039 FAX 088-683-5108
〒779-0302 徳島県鳴門市大麻町大谷字中通り3-1

Copyright (C)2020 大谷焼 元山窯 田村陶芸展示館 All Rights Reserved.